防振システム工学研究室 教員

 教授 曽根 彰 
 助教 三浦 奈々子 

曽根グループ

 構造物・配管系・高速鉄道車輌などの長周期地震応答解析、構造ヘルスモニタリング、長周期地震動に対応可能な免震・制震デバイス、
 非線形制振デバイスなどの研究を行っています。
 M2 大橋 朋弘 :多入力を受ける弾塑性配管系の最大応答に関する研究
 M1 Mac Thanh Tung :多重動吸振器を用いた制振
 M1 上田 雅大 :慣性質量ダンパーによる構造物の地震動に対する振動応答低減
 B4 藤本 知輝 :多重動吸振器を用いた制振

三浦グループ MTG

 地震時においては構造物の構造的な安全性確保はもちろん、設備機器等の機能維持も重要な課題です。
 様々な制約条件の中、いかにして構造物の機能を確保するか、制御・構造の両面から取り組んでいます。
 D2 Nguyen Xuan Thuan :エレベータロープの振動制御
 D2 Pham Huu Thang :超高層建物のアクティブ振動制御
 M2 奥山 拳吾 :超高層建物のアクティブ振動制御
 M2 水口 拓海 :限られた加速度センサデータによる損傷度の推定手法の提案
 M2 中村 圭吾 :発電機能を有するアクティブ免震装置の省エネ化
 M2 青島 圭汰 :発電機能を有する免震装置の開発
 M1 下間 裕太 :エレベータロープの振動制御
 M1 藤原 右京 :早期地震予測を利用したアクティブ免震の高性能化
 M1 政野 遼 :発電機能を有するパッシブ免震装置の開発
 M1 渡辺 航太 :TMDを有する既存超高層建物の制振
 B4 酒井 洋佑 :発電機能を有するパッシブ免震装置の開発
 B4 村上 充暉 :エレベータロープの振動制御
 B4 米杉 亮祐 :発電機能を有するアクティブ免震装置の開発

3回生

 B3 一ノ瀬 晃輝
 B3 上田 竜太郎
 B3 中村 友哉
 B3 三木 駿邦
 B3 向井 大一夢

修了生・卒業生

 2015年度(修士) 酒井 純 :コンペンシーブへの制御入力によるエレベータロープの地震時横振動制御
 2015年度(修士) 松田 知之 :多入力を受ける弾塑性配管系の応答低減効果
 2015年度(学士) 松田 浩平 :時変の通信遅延を有するテレオペレーションシステムのバイラテラル制御法
 2016年度(修士) 塩見 卓也 :多入力を受ける弾塑性配管系の最大応答量の推定に関する研究
 2016年度(修士) 中小路 隼人 :長周期・短周期地震動を考慮したエネルギ回生アクティブ免震装置の設計に関する研究
 2016年度(学士) 藤田 祥平 :動吸振器による免震構造物の長周期地震動に対する振動応答低減
 2017年度(修士) 上田 実乃里 :限られた基数のアクティブブレースによる超高層建物の地震応答制御
 2017年度(修士) 岡崎 嵐麻 :摩擦特性を有する配管系の多入力地震応答解析と実験的検証
 2017年度(修士) 兼房 浩希 :免震構造物の非線形特性を考慮した多重動吸振器のパラメータ設計
 2017年度(修士) 山口 貴史 :セルフパワードアクティブ制御を用いた2層免震床の設計
 2017年度(修士) 吉村 剛則 :可変減衰ダンパーの減衰力と最適制御力の差に基づいたセミアクティブ免震建物の制御
 2017年度(学士) 足立 唯一 :多入力を受ける弾塑性配管系の最大応答量の推定法
 2018年度(修士) 張  :橋梁構造物に対する多重動吸振器の最適化






copyright (c) 2015 Miura, N. all rights reserved.